人気ブログランキング |

わいわい通信6月号を発行しました

c0120926_18563514.jpg
c0120926_18565979.jpg




# by YYkiriko | 2019-06-01 18:57 | Comments(0)

板橋区議会がアメリカの核実験に抗議

アメリカ合衆国の核実験に対し、板橋区議会が抗議文をアメリカ大使館へ送付しました。
c0120926_18152466.jpg




# by YYkiriko | 2019-05-28 18:15 | Comments(0)

改選後の板橋区議会が始まります!

大変ご無沙汰してしまいました。
改選後、体調を崩し、なかなか更新できませんでしたが、新たなメンバー構成で板橋区議会がスタートしましたのでお知らせいたします。

本日、改選後初の本会議が開催されて、議長、副議長が選出され、常任委員会、特別委員会などの構成が決まりました。

5月8日には、会派構成が決まっていましたので、合わせてお知らせいたします。
日本共産党は第3会派です。

c0120926_16014221.jpg

c0120926_16035582.jpg
特別委員会は、「災害対策調査特別委員会」の委員長になりました。
c0120926_16053538.jpg
その他、議会運営委員会、監査委員も決まりました。















# by YYkiriko | 2019-05-23 16:08 | Comments(0)

話をしよう!

近頃、息子が口ずさんでる歌「話をしよう」の歌詞にときめく。

歌っているのは、GLIM SPANKY。

特に好きな歌詞はサビ?かなという所。

「声なき声に勇気を 口に出せる勇気を ただ思っているだけじゃ 何もないことと同じさ ほら 気取る言葉ならべないで 大袈裟なくらいの言葉にしよう」

いよいよ、区議選が明後日から始まる。

「寄り添う政治へ変える」の想いを、声に出して挑戦する機会を大事にしたいと思う。
そして、双方向で話を積み重ねる区議会にしたい。

大きくなっていろんな経験や出会いを重ねている息子や娘。

時々、若い人の気持ちを知ることにも。

子どもたちは、見えないけどいろんな思いを感じていることに、ドキッとすることも。

若い人が、希望の持てる政治にしたい。展望はきっとある。





# by YYkiriko | 2019-04-12 09:56 | Comments(0)

高島平グランドデザインー区有地単独活用から大規模開発へ区が方針転換

区有地の単独活用から高島平2・3丁目を対象とした

大規模開発へ区の方針が転換

住民への説明は「実効性が高まってから」!?

これまでの区の計画案 ※案のうちの一つ

旧高七小と区民館などの区有地を単独開発

c0120926_23114092.png

新たなイメージ図(UDC報告書から)

※あくまでイメージ図のうちのひとつです。

c0120926_23115959.png

議会にも報告せず、水面下で関係者へヒヤリング

 区は、水面下で、①JAあおば、②高島平警察、③医師会病院、④都営三丁目アパート、⑤西郵便局、⑥高島平消防署、⑦UR高島平団地、⑧三丁目団地第一~第三住宅へ、建て替えなどの予定時期や建替え条件などのヒヤリングを行っていました。

 ヒヤリングは昨年の6~8月に実施。区議会への報告は、今年の2月19日の都市建設委員会です。

 住民への説明も合意もなしに、検討を進めることは許せません。


【ヒヤリング結果】

c0120926_00585866.jpg


c0120926_00594346.jpg











# by YYkiriko | 2019-04-09 23:19 | Comments(0)

区が住民を無視して「高島平グランドデザインの区有地活用方針変更」

区が住民を無視して

高島平グランドデザインの区有地活用方針変更

住民説明求める陳情を自民・公明が判断見送り

旧高七小廃校から10年、区の「高島平グランドデザイン」策定後、3年が経過。区は、UR都市再生機構が「建て替えも含めた検討」を開始したことや、医師会病院の建替えの意向を受けて、これまでの旧高七小跡地などの区有地単独活用ではなく、URや医師会病院と土地交換も含めた「建替え用地」として提供する方向性を示しています。高島平駅前を中心とする大規模な再整備計画を、再び2年間かけて計画策定する方針です。住民説明について「実効性が高まってから」としています。

 高島平3丁目団地在住の住民から、住民説明を求める陳情が、区議会に提出され、219日の都市建設委員会で、日本共産党、市民クラブ、民主クラブが採択を主張しましたが、自民党・公明党が「継続」を主張し、改選期のため審議未了で終了しました。

計画の大きな変更です。住民への説明をただちに行うべきです。


私は、住民参加のまちづくりめざして、区議会で繰り返し質問しました

c0120926_23023917.png
2018年10月決算総括質問から

いわい 旧高七小跡を中心とする区有地活用の方針決定は、いつ、何を、誰がどうやって決めるのか?

都市整備部長 方針の決定は、区の全庁的な情報共有と検討を積み重ねまして、検討の状況は随時議会に報告する。

いわい UDCでは、グランドデザインで示してきたア、イ、ウ、エの案についてどう検討してきたのか。

都市整備部長 区有地の活用は、区が検討し決定するものであり、UDCはシンクタンク的な役目を担うもの。

いわい 方針の検討を、区が決めると言うが、住民はどうかかわることができるのか。

都市整備部長 まずは、区として区有地活用の方向性を方針としてまとめる。その後、公共施設機能等を具体的に検討する段階等に進んだ際には、地域住民の方の意見を聞く会を設ける。

いわい 区民館の老朽化も健康福祉センターのプレハブ化も、グランドデザインの検討がはっきりしないから、置き去りになってきた。直ちに先行して整備すべき。

都市整備部長  区有地活用は、都市再生の起爆剤となり得る。公共施設整備を単体と考えるのではなく、2ヘクタールの再整備地区を一体的に検討していく。

 旧高七小の体育館は、耐震補強をすべきだと言ってきたけれど、放置してきた結果、突然使用中止になりました。

 区民館の老朽化だって同じです。音響の接触不良やトイレの悪臭。こんな状態の施設をいつまで放置していくのかと質しました。


2019年2月一般質問から

c0120926_01443285.jpg


いわい UDCの報告書は、「イメージ(案)」として、区有地の土地交換を行い、公共施設は、建て替えるURと高島平駅前の民間活用用地に分散させ、合築を行うもの。医師会病院とも区有地の土地交換を行い、医師会病院と健康福祉センターの合築も。また、高島平3丁目のURの建替えで、分譲団地の建替えも促進するという。この「イメージ(案)」に対する区長の見解を。

区長 研究成果という点においては尊重すべきものと認識している。実際には、区が関係者との協議を重ね、具体的かつ詳細な検討を進めていくものと考えている。

いわい 区が示してきた公共施設棟と高層マンションなどのア・イ・ウ・エの計画は、白紙にするということか。

区長 今後も、これまでの区有地活用計画案は、検討を継続する。連鎖的な都市再生の実現の可能性が高まったことから、周辺の建物や施設の建替えを促進する取り組みを進める。

いわい 区民館、地域センター、区民事務所、児童館、健康福祉センター、図書館は、いつ、どこに設置するのか。

区長 老朽化する公共施設の再整備は、連鎖的な都市再生を実現する事業手法の検討の中において時期や場所を考えていく。

いわい 今まで計画案とは、規模も設置の考え方も大きく違う。住民への説明も合意形成もないまま方針として決定してはならない。住民にいつ、どのように説明するのか。

区長 さらに実効性を高めた上で、意見を伺う機会を設ける。

さらなる検討の前に、住民説明と住民への意見聴取が必要です!






# by YYkiriko | 2019-04-09 23:14 | Comments(0)

板橋区が紙おむつの区立園での処分費を予算化

「ようやく汚れた紙オムツを持ち帰らなくてすむようになりました!」 

板橋区が紙オムツの区立園での処分費を予算化しました。

 板橋区の区立保育園では、かつては布オムツを使用していました。保護者はオムツカバーを持参して、オムツは区がレンタルしたものを使用して、保護者負担はありませんでした。

 しかし、2013年、板橋区は経営刷新計画で、親子劇場や親子遠足のバス料金を廃止、さらに布オムツの有料化を導入しました。保護者は、布オムツの使用料を払うか、自ら紙オムツを持ち込むかの選択が迫られ、多くの保護者は、紙オムツを持参することを選択しました。保護者からは、使用済みの紙オムツは園で処分してほしいという声が上がっていましたが、区は保育園のゴミ収集は週2回なので、その間汚れた紙オムツを保管しておくのは衛生上の問題から難しいと、持ち帰るよう指示されていました。

 昨年、区民からの陳情が出される中、板橋区は2019年度の当初予算で、公立保育園での紙オムツの回収経費を予算化。保護者のみなさんから、本当によかったと歓迎の声が上がっています。


自民・公明・国民民主・立憲民主が、「お金がかかる」などと、区民の陳情を「不採択」に

 昨年9月、保護者の声を受けて、新日本婦人の会板橋支部が、区議会に対して、「区立保育園・CAPS(児童館)で使用済み紙オムツの処理を行うよう求める陳情」を提出。2018118日文教児童委員会)

自民施設内で保管するのは非常にリスクが生ずる。財政上の負担が大きいので不採択

公明「児童館、保育園であわせて1800万円の運転資金がかかるなど、総合的に判断して不採択

民主ク「保育園は回収する必要があるが、児童館は過剰なサービスになるので不採択

共産「区は保育料を値上げした上、子どもへの支援策は後退している。紙オムツ

   の処分はわずかな経費だ。子育てしている父母をもっと支えるべき。採択」 


さらに、私立園へのオムツ処理費用支援と児童館での処理へ広げていかれるようがんばります!   








# by YYkiriko | 2019-04-04 22:50 | Comments(0)

国保料負担軽減を、日本共産党・市民クラブ・無所属15名で議員提案

国保料負担軽減の議員提案を

自民・公明・国民民主・立憲民主が否決に


日本共産党議員団は、市民クラブ・無所属の議員と共同し、15名の議員で、多子世帯への負担軽減を議員提案しました。322日の最終本会議で、自民・公明・国民民主・立憲民主の反対で否決となりました。


 毎年、値上げされてきた国保料は、今年も値上げです。値上げも自民・公明・国民民主・立憲民主の賛成で可決されました。

 

 今回の値上げは、子どもにまで保険料を課している「均等割」を引き上げたため、子どもの多い世帯ほど負担率が高くなります。


 「保険料が払えず保険証取り上げられた」という悲鳴のような相談は続々と寄せられています。医者に中々行かれず、ようやっと医者にかかれば重篤化です。


 高すぎる国保料が命を奪う事態になっています。にもかかわらず、さらなる値上げは許せません。


 だからこそ、負担軽減を提案したのです。今回の国保料負担軽減は、年間で約5,700万円で実施することができます。ため込んだ税金671億円の一部を活用すればできないことはありません。





# by YYkiriko | 2019-04-04 22:22 | Comments(0)

一般質問(8)新河岸地域に郵便局を戻せ!

2月14日の一般質問の続きです。
新河岸地域のまちづくりについてです。

c0120926_01443285.jpg

(2)新河岸地域のまちづくり

  

次に、新河岸地域のまちづくりについてです。

新河岸2丁目の都営新河岸団地の建て替えが進められています。

東京都は、都営住宅の建て替えの時に住宅以外の「併設施設は戻さない」とする方針です。第1期工事では、電気屋と郵便局も移転させて、戻る予定はありません。第3期工事では、商店やクリニックなどが入っている棟も建て替え対象となります。

新河岸団地は高齢者が多く、歩くのも大変で、杖やシルバーカーなどを利用してやっと歩いている状況です。郵便局や買い物など日々の生活に必要なものがなくなってしまえば、とたんに困ってしまいます。

Q.24 新河岸地域から郵便局がなくなり、高島平8丁目の郵便局まで、足の悪い高齢者などが、バスに乗って行かなければならなくなることについて、区長はどう思っていますか、お答えください。

区長 日本郵便()から通知を受けている。同郵便局は、新河岸地域で唯一の公共的な金融機関であり、移転すれば地域住民の利便性の低下につながるものと考える。去る1月19日、都宛てに、同郵便局の存続について特段の配慮を求める要請書を出した。

 この間、都や日本郵便へ住民と一緒に要請を行ってきました。東京都は、住宅以外の併設は難しいと言いますが、都の敷地を商店や郵便局に提供することは否定していません。日本郵便も、新河岸団地に郵便局を設置する必要性を主張し、東京都に対し、団地に戻れるよう再三申し入れていると言っています。板橋区としても、新河岸地域の住民生活を守るために、働きかけが必要です。

Q.25 例えば、東京都の敷地に住宅の棟とは別に「商店や郵便局だけの棟」をつくり、戻りたい業者が戻れる場所を確保するなど、区としてなんらかの方策を検討していただきたいが、いかがでしょうか。

区長 商店、郵便局の存続は、地域住民の利便性を維持する上において重要であると認識している。店舗の存続は経営判断にかかわることではあるが、地域の要望も踏まえ、必要に応じて今後の対応を考えていきたい。

 新河岸地域は、荒川河川の氾濫時に約5メートルの水に水没する被害想定となっています。水害などによる災害時に、最終的には垂直避難が必要になります。しかし、公的な高い建物はこの地域に新河岸団地しかありません。

Q.26 建て替えの際、防災倉庫や集会所が、水害で水没しない高さに配置するよう、区としても東京都へ要望することを求めます。

区長 今後、建て替えの際には、防災倉庫、集会所について、荒川河川氾濫時の配慮をするように東京都に伝えていきたい。


この他、以下の項目で質問を行いました。

詳細は順番にブログで報告します。

1.暮らしを壊す消費税増税中止を

2.障害者が地域で暮らすための支援強化を
(1) 障害児を排除しない学校に
(2) 大人の発達障害への支援充実を
(3) 軽度者が地域で暮らすための日常支援を
3.子どもたちがのびのび成長できる板橋区に
(1) 保育園待機児対策
(2) 子どもの居場所確保を
(3) 高校生の通学費助成を
4.医療と介護の安心を
(1) 払うことのできる国民健康保険事業へ
(2)介護の充実目指して
5.住民とともにつくるまちづくりへ
(1) 高島平グランドデザインについて
(2)新河岸地域のまちづくりについて
(3)家具転倒防止対策の強化を
(4)公営住宅の環境改善を区の責任で







# by YYkiriko | 2019-04-03 01:46 | Comments(0)

一般質問(7)高島平のまちづくりは住民参加で

2月14日の一般質問の続きです。
高島平グランドデザインについて質問しました。
c0120926_01293544.jpg

次に、まちづくりについて質問します。

(1)まず、高島平グランドデザインについてです。

昨年12月、アーバンデザインセンターの検討結果が区に報告されました。

報告書には、「地域内の住宅ストックが充足していることから『にぎわい』への貢献度は最も低い」と区がこれまで示してきたア・イ・ウ・エの案の中で、最も「収益性が高い」と評価していた「公共施設棟と高層マンション建設」の案を否定しています。

また、地域全体の都市再生に向けた連鎖的な建て替えの「種地」としての活用が最善であると総括しています。

Q.20  アーバンデザインセンターの報告書は、URの建て替えを前提として「イメージ(案)」を示しています。それは、区有地の土地交換を行い、公共施設は、建て替えるURの中と高島平駅前の民間活用用地に分散させ、合築を行うものです。医師会病院とも区有地の土地交換を行い、医師会病院と健康福祉センターの合築も盛り込まれています。

また、高島平3丁目のURの建て替えを進めることで、分譲団地の建て替えも促進するとしています。この「イメージ(案)」に対する区長の見解をお答え下さい。

区長  住民ニーズや学識者の知見を踏まえた研究成果という点においては尊重すべきものと認識しておりますが、イメージ案は一つの例示であります。実際には、区が関係者との協議を重ね、具体的かつ詳細な検討を進めていくものと考えております。区としては、今後、意向確認や働きかけを行いながら、高島平全体に波及する都市デザインに向けて、慎重に取り組んでいく。

Q.21  当初、区が示してきた公共施設棟と高層マンションなどのア・イ・ウ・エの計画は、白紙にするということでしょうか。区長の考えをお示しください。

区長  今後も、高島平知己グランドデザインで示した将来的な区有地の活用計画案については、検討を継続します。連鎖的な都市再生の実現の可能性が高まったことから、周辺の建物や施設の建替え更新を促進し、まちの発展に大きく寄与する取り組みを進めていく。

旧高七小廃校後、すでに10年以上が経過しています。旧高七小を含む公共施設は、老朽化が著しい状態です。それは、公共施設の集約複合化と商業施設や高層マンションなどの建設を前提に、個々の施設の対策を後回しにしてきたからです。

本来、建て替えるべきだった健康福祉センターは、10年間の代替だと言って「プレハブ」を使ってきましたが、この先も建て替えの計画はありません。

区民事務所、地域センター、児童館がある高島平区民館は、床は穴だらけ、音響設備は接触不良など、老朽化がひどい状態は改善されていません。

そこで伺います。

Q.22  高島平区民館、地域センター、区民事務所、児童館、健康福祉センター、図書館は、いつ、どこに設置されるのですか。お示し下さい。

区長  老朽化する公共施設の再整備につきましては、連鎖的な都市再生実現する事業手法の検討を進める中にいて時期や場所を考えていく。

区は、アーバンデザインセンターの報告を受けて、高島平グランドデザインの方針を示すと言ってきました。アーバンデザインセンターの報告は、今まで区が示してきた2haの区有地の中で、公共施設やマンション、商業施設を整備すると言ってきた内容とは、規模も設置の考え方も大きく異なっています。

その内容を住民への説明も合意形成もないまま方針として決定することがあってはなりません。

 Q.23 区の新たな計画について、住民にいつ、どのように説明するのですか。

区長  住民の方々には、さらに実効性を高めた上において、意見を伺う機会を設けたいと考えている。


この他、以下の項目で質問を行いました。

 詳細は順番にブログで報告します。

1.暮らしを壊す消費税増税中止を

2.障害者が地域で暮らすための支援強化を
(1) 障害児を排除しない学校に
(2) 大人の発達障害への支援充実を
(3) 軽度者が地域で暮らすための日常支援を
3.子どもたちがのびのび成長できる板橋区に
(1) 保育園待機児対策
(2) 子どもの居場所確保を
(3) 高校生の通学費助成を
4.医療と介護の安心を
(1) 払うことのできる国民健康保険事業へ
(2)介護の充実目指して
5.住民とともにつくるまちづくりへ
(1) 高島平グランドデザインについて
(2)新河岸地域のまちづくりについて
(3)家具転倒防止対策の強化を
(4)公営住宅の環境改善を区の責任で






# by YYkiriko | 2019-04-03 01:33 | Comments(0)

いわい桐子のわいわい通信
by YYkiriko

はじめまして いわい桐子です

4期目の板橋区議に無事戻ってくることができました。
こどもたちは高校2年生の息子と中学3年生の娘。
子どもたちから教わることも多いです。
いっしょに成長していきます。

家族との時間を大切に、楽しく!生き生きと!
寄り添う政治への転換目指してがんばります。

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月

お気に入りブログ

最新のコメント

廃止になったら住民はとっ..
by YYkiriko at 13:14
ちなみに、私の旧姓は「小..
by YYkiriko at 10:55
> winzelerさん..
by YYkiriko at 17:35
こんにちは。コメントあり..
by YYkiriko at 21:24
高島平で朝の7時半から、..
by 高島平駅前市民 at 08:49
アメリカの属国、つま..
by 脱 国民洗脳なら副島隆彦の学問 at 10:12
コメントありがとうござい..
by YYkiriko at 08:19
住民です。 色々な..
by 高島平住民 at 21:06
いま気づきました。ごめん..
by YYkiriko at 20:39
抜けるような青空ですね。..
by midnighthistory at 17:00

最新のトラックバック

水防演習の視察
from 板橋区のいたる所にいたるがい..

ライフログ

検索

タグ

(185)
(88)
(53)
(49)
(40)
(25)
(19)
(15)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(6)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

ファン

ブログジャンル